棟上げ式とは?お祝い品を渡す時期や贈ってはダメなもの1つ

棟上げ式

家を建てるときの大事な儀式として、棟上げ式(むねあげしき)があります。

棟上げ式は、家が完成に近づいたことを神さまに「報告と感謝」をするための儀式ですが、お祝い品はいつ渡せばいいのでしょうか?

この記事では

  • 棟上げ式とは
  • 棟上げ式のお祝い品を渡す時期はいつなのか
  • 棟上げ式のお祝いに贈ってはダメなもの1つ

など、棟上げ式についてくわしく解説していきます。

棟上げ式とは?

棟上げ式とは、家を建てるときに家の骨組みができたあとに「棟木(むなぎ)を屋根の上に上げる儀式」です。

家が棟上げまで終わって完成に近づいたことを、神さまに「報告と感謝」をします。

そして、家が末永くしっかり丈夫であることを祈る儀式でもあるのです。

木造の家では、棟木が屋根を支える大事な役割なので、棟上げ式という儀式をするようになりました。

棟上げ式は他に

  • 上棟式(じょうとうしき)
  • 建て方(たてかた)
  • 建前(たてまえ)

このような呼び方もされています。

棟上げ式には誰を呼べばいい?

棟上げ式は、個人の住宅のときは「施主と工事の関係者」でするのが一般的ですが、「親せきや友人」を呼ぶこともあります。

地域によって違いはありますが、棟上げ式のあとに

  • お餅
  • お菓子

などをまいたりする地域もあるようです。

棟上げ式のお祝い品は何がいい?

棟上げ式に招待されたときは、「棟上げ祝い」を持って行くのがマナーです。

棟上げ式のお祝いの品は、地域によって違いはありますが

  • 日本酒
  • ビール
  • ワイン

など、お酒を贈ることが多いようです。

 

親しい友人であれば、現金を包んで渡すこともあります。

棟上げ祝いを渡す時期や贈り方は?

棟上げ祝いを渡す時期は、「棟上げ式のとき」です。

贈り方は、棟上げ式のときに直接持って行くのがいいでしょう。

棟上げ祝いの相場

棟上げ祝いには、いくらくらいの金額のものを贈ればいいのでしょうか?

地域によって違いはありますが、だいたい数千円〜10,000円までが相場です。

棟上げ祝いで贈ってはダメなもの1つとは?

棟上げ式では、贈ってはダメなものが1つあります。

それは、「火を連想させるもの」です。

なぜなら、火は家が家事になることを連想してしまうので、絶対に贈ってはダメなのです。

たとえば

  • 赤い色のもの
  • 火を使うもの

これらは、火を思い浮かべてしまうので贈ってはいけません。

火を連想させるものは、新築祝いのときも贈ってはいけません。

棟上げ祝いのお返し

棟上げ祝いのお返しは、お祝いの品の30%〜50%くらいの金額のものを贈りましょう。

お返しでよろこばれているのは、人気洋菓子店のクッキーなどのお菓子ですが、最近ではカタログギフトを贈ることも増えているようです。

カタログギフトは、贈った相手が自分で好きなものを選べるのでよろこばれています。

まとめ

家の完成が近い時期にする棟上げ式ですが、最近ではこの儀式を省略する人も増えているようです。

ただ、昔から続いている日本のしきたりなので、1つの節目のイベントとして盛大にお祝いをしてほしいですね。