帯祝いとは誰が食事代を払うの?親や親せきのお祝い金額の相場も調査

帯祝い

帯祝いとは、妊娠5ヶ月目の戌の日(いぬのひ)に、安産を祈って腹帯(はらおび)を巻くお祝いの儀式。

帯祝いには親や親せきが集まって神社で安産祈願をします。そのあと食事をしてお祝いをするのですが、はじめての帯祝いだと食事代を誰が払えばいいのかわかりませんよね。

実は、帯祝いの食事代は誰が払ってもいいのです。

他に、はじめて帯祝いに呼ばれた親や親せきも、お祝いの金額をいくら渡せばいいのか迷ってしまうでしょう。

この記事では、帯祝いの食事代やお祝い金額の相場についてくわしく解説していきます。

この記事でわかること
  • 帯祝いのお祝いの仕方
  • 帯祝いの食事代は誰が払うのか?
  • 帯祝いのお祝いの金額の相場はどれくらいなのか?

帯祝いとはどんなお祝い?

帯祝い(おびいわい)とは、妊娠5ヶ月目に入った戌の日(いぬのひ)に、神社へ安産祈願に行き妊婦さんのおなかに腹帯(はらおび)を巻く儀式です。

子どもが授かったことをお祝いして、母親と子どもの健康と安産を祈って腹帯を贈ります。

昔は、帯役(おびやく)と呼ばれる子宝に恵まれた女性に腹帯を巻いてもらっていましたが、いまは腹帯を巻く人が変わっているのです。

妊婦のおなかに腹帯を巻く人
  • 妊婦本人
  • 妊婦の母親
  • 妊婦の義理の母親
  • 妊婦の夫

このように、家庭によって腹帯を巻く人は違います。

腹帯は、昔は妊婦の実家から贈るのがしきたりでしたが、いまは妊婦本人が買ったり両家で買ったりするなど、家庭によって違うようです。

昔は、岩田帯という腹帯が使われるのが一般的でしたが、いまではガードルやコルセット式の簡単に巻けるものが主流になっています。

 

帯祝いのお祝いの仕方は?

帯祝いのお祝いの仕方は、家庭によって違います。

日本のしきたりを守って、家族や親せきを呼んで盛大にお祝いする家庭もあれば、家族だけで食事をする家庭もあるのです。

帯祝いの正しいお祝いの仕方

家庭によって違うとはいえ、目安となる帯祝いのお祝いの仕方がわからなければ、どのようにお祝いをしていいのかわかりませんよね。

そこで、帯祝いの正しいお祝いの仕方を紹介します。

  1. 神社に行き、腹帯を持ち込んで安産祈願をする
  2. 安産祈願が終わったあと、お祈りした腹帯を妊婦のおなかに巻く
  3. お参りのあとは、家族や親せきで食事をする

帯祝いは、このような流れでお祝いするのが一般的です。

帯祝いの食事代は誰が払うの?

帯祝いのお祝いでは、親や親せきが集まって食事をします。では、この食事代はいったい誰が払うのが正しいのでしょうか?

実は、昔の家族は夫の親と同居するのが当たり前だったので、食事代は夫の親が払うものでした。

しかし、いまは夫の親と同居するのは当たり前ではなくなってきているので、帯祝いの食事代は誰が払ってもいいとされています。

実際には「妊婦さんと夫」が帯祝いの食事代を払うことが多いようです。
帯祝いの食事代を払う人の例
  • 妊婦と夫
  • 妊婦の両親
  • 妊婦の義理の両親

昔は自宅でお祝いの食事をすることが多かったのですが、いまは料亭やレストランなどで食事をする家庭も増えています。

ただ、仕出しを取って自宅でお祝いする家庭もあるので、それぞれのご家庭に合ったお祝いの仕方で問題ありません。

帯祝いのお祝いはいつするの?

帯祝いのお祝いは、妊娠5ヶ月目になる16週〜19週めの戌の日(いぬのひ)にします。

なぜなら、妊娠5ヶ月目には妊婦さんが安定期に入るので、つわりがおさまって体調もよくなり外出しやすいからです。

ただ、安産祈願で有名な神社は、戌の日には混みあっていることも多いので、「妊婦さんが無理をしないでお参りできる日」に帯祝いをするのがいいでしょう。

神社に帯祝いの安産祈願に行くときの服装については、こちらの記事でくわしく書いています。

帯祝いの服装は何を着ればいいの?妊婦が着て行く服やNGな服装

戌の日に帯祝いのお祝いをする理由

帯祝いは、なぜ戌の日(いぬのひ)にするのでしょうか?

これは、犬のお産にあやかっているからです。

犬はお産が軽くて何匹も子どもを産めるので、妊婦さんの安産を願って戌の日に帯祝いをします。

戌の日は1ヶ月に2、3回ほどあるので、妊婦さんの体調にあわせて帯祝いをする日を決めるのがおすすめです。

「大安の戌の日」は安産祈願をする人に人気なため、神社が混みあうので注意してください。

帯祝いに贈る金額の相場

帯祝いに贈る金額の相場は、妊婦さんとの関係によって変わってきます。

  • 妊婦さんの親は10,000円〜30,000円
  • 妊婦さんの義理の親・・・5,000円〜10,000円
  • 妊婦さんの兄弟姉妹・・・5,000円〜10,000円
  • 妊婦さんの親せきや友人・・・3,000円〜10,000円
  • 妊婦さんの同僚・・・3,000円〜10,000円

このように、妊婦さんとの関係によって金額が変わってくるのですが、相場はあくまでも目安なので、絶対にこの金額じゃないといけないわけではありません。

帯祝いのお祝いに現金を贈るときは「のし袋」を使いますが、のし袋の正しい書き方については、こちらの記事でくわしく書いています。

帯祝いののし袋の書き方は?正しい表書き5パターンと水引の種類

帯祝いのお祝いにお返しは必要なの?

帯祝いのお祝いには、お返しは必要ありません。

昔は、お祝いをもらうと紅白のお餅を配っていて、お返しというよりもよろこびをおすそわけする意味があったそうです。

しかし、いまでは妊娠を盛大にお祝いする習慣も少なくなってきているので、お餅を配る家庭も少なくなっています。

ただ、お礼状を書いてお礼や感謝の気持ちを伝えることは必要なので、帯祝いから1週間以内には送るようにしましょう。

まとめ

今回は、帯祝いについて解説してきました。

帯祝いはこんな日
  • 帯祝いとは、妊娠5ヶ月目に入った戌の日(いぬのひ)に、神社へ安産祈願に行き妊婦さんのおなかに腹帯(はらおび)を巻く儀式
  • 帯祝いでは、子どもが授かったことをお祝いして、母親と子どもの健康と安産を祈って腹帯を贈る
  • 帯祝いの食事代は誰が払ってもいいが、実際には妊婦さんと夫が払うことが多い
  • 帯祝いのお祝いの相場は、妊婦さんとの関係によって金額が違う

日本のしきたりでは、神社で安産祈願をして腹帯を巻いてお祝いするのが一般的とされています。

しかし、最近は産休に入る直前まで仕事をしている妊婦さんも増えているので、昔とくらべてシンプルなお祝いの仕方に変わってきているようです。

ただ、家庭によってお祝いの仕方は違うので、それぞれの家庭に合ったやり方で帯祝いのお祝いをしてください。