帯祝いの服装は何を着ればいいの?妊婦が着て行く服やNGな服装

帯祝い

妊娠5ヶ月目の戌の日(いぬのひ)に、家族や親せきと一緒に神社に行って安産祈願をしてもらう帯祝い。

初めての帯祝いで神社に行くときに気になるのは

  • きちんとした服装じゃないといけないの?
  • それともラフな服装でもいいの?

このようなことではないでしょうか。

帯祝いは神社でする儀式なので、きちんとした服装じゃないといけないというイメージがありますが、妊婦さんの服装はいつも着ているマタニティウェアやワンピースでいいのです。

この記事では、妊婦さんや帯祝いに一緒に行く人たちの服装についてくわしく解説していくので、帯祝いの服装で悩むことはなくなるはずです。

この記事でわかること
  • 帯祝いの服装は何を着ればいいの?
  • 帯祝いに妊婦さんが着て行く服
  • 帯祝いにNGな服装

帯祝いの服装は何を着ればいいの?

帯祝いは、日本のしきたりとして昔から続いている儀式で、今でも神社に行って安産祈願をするのが一般的です。

そこで出てくる疑問が、神社でする儀式なので「きちんとした服装をして行かなければいけないのではないか?」ということですよね。

これについては、妊婦さんと家族や親せきでは帯祝いに着て行く服が違うので解説していきます。

帯祝いに妊婦さんが着て行く服

帯祝いの時期には妊婦さんはすでに安定期に入っています。ですので、そこまで神経質になる必要はありませんが、帯祝いの儀式はできるだけ妊婦さんの体調のいい日を選んで神社に行くのがいいでしょう。

しかし、神社での儀式だからといって、きちんとした服装をしておなかを締めつけてしまうと、安産祈願をしているときに体調が悪くなることも考えられます。

したがって、体調が悪くならないためにも、妊婦さんが着て行く服はいつも着ている「マタニティウェア」や「ワンピース」で問題ありません。

普段着ている服や持っているマタニティウェアの中で、少しきれいめな服装を選ぶだけでいいでしょう。

帯祝いに女性が着て行く服

家族や親せきの女性の服装について、帯祝いに女性が着て行く服は落ちついた色のワンピースがおすすめです。

女性の場合は、スーツを着なくてもワンピースを着るだけでお手軽にきちんとした服装ができますよね。もちろんスーツを着て行っても問題ありません。

帯祝いに男性が着て行く服

家族や親せきの男性の服装について、帯祝いに男性が着て行く服はスーツがおすすめです。

なぜなら男性の私服は女性と違ってカジュアルなイメージが強くなってしまうことが多いからです。下手な私服を着て行くくらいなら、スーツを着ておけば間違いがないと言えるでしょう。

もちろんジャケットなどのきれいめな服を持っているのであれば、きちんとした服装ができるのでスーツ以外の服を着てもいいでしょう。

帯祝いにNGな服装とは?

では、帯祝いに行くのにNGな服装とはどんなものかというと、神社に行くのにふさわしくない服装です。たとえば

  • 穴の空いたジーンズ
  • 派手な飾りがついた服
  • ジャージやスウェット
  • 露出の多い服
  • 汚れた服

このような服装は神社にふさわしくないのでNGです。

神社の階段を上ることもあるので、女性は高いヒールの靴もさけた方がいいでしょう。

帯祝いに腹帯は巻いて行くの?

帯祝いの腹帯(はらおび)は、神社に行くときには、前もっておなかに巻いて行くのでしょうか?

実は、腹帯については神社の風習によって違います。

  • 腹帯をおなかに巻いて行く
  • 腹帯を巻かずに持って行く
  • 腹帯は神社で買う

このように神社によってそれぞれ違うので、お参りに行く神社に前もって聞いたり調べたりすることをおすすめします。

最近は昔ながらの腹帯ではなく、腹巻きタイプやベルトタイプのものが巻きやすくて人気です。事前に自分で用意する人も増えています。

 

まとめ

帯祝いの服装について書いてきましたが、神社に着て行く服装は妊婦さんと家族では違います。

  • 妊婦さんは「マタニティウェア」か「ワンピース」
  • 女性は「ワンピース」か「スーツ」
  • 男性は「スーツ」

帯祝いにNGな服装は

  • 穴の空いたジーンズ
  • 派手な飾りがついた服
  • ジャージやスウェット
  • 露出の多い服
  • 汚れた服

神社での儀式だからといってフォーマルな服装である必要はありませんが、きれいめな服装であればスーツやワンピース以外の服でも問題ありません。

ですが、スーツを着ておけば何も問題がないので安心ですね。

ただ、帯祝いはあくまでも妊婦さんと赤ちゃんのための儀式なので、お参りのときの体調を考えて、妊婦さんがリラックスできる服装を選ぶことが大切です。