お食い初めのやり方の順番は?いつ誰がするのか関西と関東の違い

お食い初め

赤ちゃんが生まれて100日目にする儀式の「お食い初め」。

しかし、初めてのお食い初めの儀式はやり方や順番がわかりませんよね。それに、誰がすればいいのか迷うこともあるでしょう。

そこで、この記事では

  • お食い初めのやり方や順番
  • お食い初めはいつ誰がするのか?
  • お食い初めの儀式の関西と関東の違いについて

など、お食い初めについて解説していくので、これからお食い初めの儀式をする予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。

お食い初めとは?

お食い初め(おくいぞめ)とは、赤ちゃんが生まれて100日目にする「赤ちゃんに食べさせる真似をする儀式」です。

この儀式には、「一生食べものに困らないように」という願いが込められています。

お食い初めには祝い膳を使い、うるし塗りの食器を並べて一汁三菜(いちじゅうさんさい)の料理を盛りつけます。

そして、赤ちゃんに料理を食べさせる真似をしたあと、歯固めの儀式をするのが「お食い初め」の儀式です。

お食い初めはいつ誰がするの?

では、お食い初めの儀式は、いったい「いつ・誰が」すればいいのでしょうか?

お食い初めはいつするの?

お食い初めは、もともとは赤ちゃんが生まれて100日目にする儀式ですが、今では生まれて100日〜120日の間にします。

この期間であれば、特別キリのいい日でなくてもかまいません。

たとえば、赤ちゃんの体調いい日やお食い初めに参加する人たちの都合で日程を決めるといいでしょう。

大安などお日柄がいい日を選ぶのもおすすめです。

お食い初めは誰がするの?

お食い初めを誰がするのかは、赤ちゃんの性別によって違います。

実は、赤ちゃんが男の子か女の子かによって、お食い初めの儀式をする人が変わるのです。

赤ちゃんに料理を食べさせる真似をするのは養い親(やしないおや)で、養い親は家族の中で最年長の人がすることになっています。

お食い初めの儀式をする人
  • 赤ちゃんが男の子のときは、お食い初めの儀式に参加している「最年長の男性」
  • 赤ちゃんが女の子のときは、お食い初めの儀式に参加している「最年長の女性」

なぜ最年長の人がお食い初めをするのかというと、最年長の人の「長寿にあやかるため」です。

お食い初めには誰を呼ぶの?

お食い初めの儀式は、昔は親せきや友人を呼んで盛大にお祝いをしていました。

しかし、今では赤ちゃんの父親と母親それぞれの両親を呼んでお祝いをすることが多くなっています。

お食い初めに参加する人
  • 赤ちゃん
  • 父親
  • 母親
  • 父親の両親
  • 母親の両親

ただ、父親と母親の両親が住んでいるところが遠いときは、どちらかの両親を呼ぶか父親と母親だけでもかまいません。

お食い初めに必要なもの

お食い初めをするときに必要なものは4種類あるので、必ず用意してください。

  1. お食い初めの料理
  2. お食い初め用の食器
  3. 祝い箸
  4. 歯固めの石

とはいえ、最近では「お食い初めセット」という、料理一式がセットになったものがインターネットでも売られているので、昔と比べて準備が簡単になっています。

 

お食い初めの料理を作ってくれるレストランなどもあるので、準備が大変なときは自宅の近くで探してみてもいいでしょう。

お食い初めの料理は何が必要?

お食い初めの料理のメニューは、一汁三菜を用意するのが基本です。

  1. 魚(鯛)
  2. ごはん(赤飯)
  3. お吸いもの(はまぐり)
  4. 煮もの
  5. 香のもの(お漬けもの、なます)

お食い初めのメニューはこの5種類で、魚は「めでたい」と「魔よけ」の意味を込めて鯛が使われることが多いです。

ごはんは、魔よけの色である赤色の「赤飯」を用意するのが一般的になっています。

お食い初め用の食器とはどんなもの?

お食い初め用の食器は、うるし塗りのおわんを使うのが一般的です。

男の子用のおわんは外側も内側もすべてうるし塗りで、女の子用のおわんは外側は黒塗りで内側はうるし塗りのものを使います。

この食器は買って用意するのが一般的ですが、レンタルもあるので活用してみてください。

 

 

祝い箸とはどんなもの?

祝い箸(いわいばし)とは、お祝いごとに使われる「柳の木でつくられたお箸」で、箸の両側の先が細くなっているのが特徴です。

お正月に食べる「おせち料理を食べるときに使うお箸」といえば、イメージしやすいかもしれませんね。

祝い箸は、形が末広がりになっているので縁起がいいとされています。

歯固めの石とはどこで手に入るの?

歯固め(はがため)の石は、お宮参りに行ったときに「神社でもらう」のが一般的です。

他には、神社の境内や河原で拾ってきた石を使うこともあります。

ただ、どちらの石を使うにしても、1度熱湯でしっかり消毒してから使うようにしてください。

今はインターネットでもお食い初め用の歯固めの石を売っています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お食い初め石(歯固め石)男の子女の子兼用 百日祝い記念
価格:418円(税込、送料別) (2021/1/1時点)

楽天で購入

 

 

 

お食い初めのやり方の順番

お食い初めは「赤ちゃんに食べさせる真似をする儀式」ですが、このやり方には順番があります。

養い親となった人が赤ちゃんを自分の膝の上にのせて、食べさせる真似をするのが正しいやり方です。

食べさせる真似をする順番は以下の通り。

  1. ごはん
  2. お吸いもの
  3. ごはん
  4. ごはん
  5. お吸いもの

この順番で「3回くり返す」のがお食い初めのやり方で、その後「歯固め」の儀式をします。

この儀式は、赤ちゃんの健康と長寿を祈るもので、お箸で歯固めの石に触って、そのお箸を赤ちゃんの歯ぐきにやさしく当てます。

そのときに「赤ちゃんに、石のように丈夫な歯が生えますように」と祈るのがポイントです。

赤ちゃんが嫌がったときは、無理に3回続けずに1回だけ食べさせる真似をするといいでしょう。

お食い初めの順番を間違えたときの対処法

お食い初めは慣れない儀式なので、食べさせる順番を間違えることもあるでしょう。

そんなときは、わかるところからやり直すかそのまま続けても問題はありません。

食べさせる順番はあくまでも基本的なものなので、何が何でも順番を守らなければいけないわけではなく赤ちゃんを祝う気持ちを持つことが大切なのです。

関西と関東のお食い初めの違い

関西と関東では、お食い初めの儀式に違いがあるようです。

関西と関東のお食い初めで大きく違うのは

  • 鯛の代わりに関西では「ホウボウ」を使う。
  • 歯固めの石の代わりに関西では「たこ」を使う。

ホウボウには、鯛と同じく魔よけの意味があるので使われています。

たこには、「多幸(たこう)」という語呂合わせや、「たこの吸盤のようにきれいな歯並びになるように」という願いを込めているのです。

まとめ

お食い初めについて解説してきましたが、お食い初めのやり方の順番は以下のとおり。

  1. ごはん
  2. お吸いもの
  3. ごはん
  4. ごはん
  5. お吸いもの

この順番で3回くり返したあとに、歯固めの儀式をします。

お食い初めは準備をするのが大変ですが、大切なのは赤ちゃんの健康と長寿を祈る気持ちです。

集まった家族みんなで、盛大にお祝いしてあげてくださいね。