地鎮祭の服装は夏でもスーツ?男性と女性の服装の違いや注意点3つを解説!

地鎮祭

地鎮祭は、家を建てる前に神主さんを呼んで行うきちんとした儀式なので、スーツを着て参加するイメージがありますよね。

そこで出てくるのが「地鎮祭は夏でもスーツを着ないといけないの?」という疑問ですよね。

暑い夏にスーツを着て外での儀式に参加すると、汗だくになってしまうので本当に大変です。

しかし、地鎮祭のときの服装はスーツを着なくても問題ありません。

この記事では

  • 地鎮祭のときの服装は夏にはスーツを着なくてもいい理由
  • 男性と女性の季節ごとの地鎮祭のときのおすすめの服装
  • 地鎮祭のときに気をつけたい服装の注意点3つ

など、地鎮祭の服装についてくわしく解説していくので、夏の地鎮祭でも安心して参加できますね。

地鎮祭の服装は夏にはスーツを着なくてもいい理由

地鎮祭のときの服装は、夏でもスーツを着ないといけないのでしょうか?

地鎮祭は家を建てる前にする儀式なので当然「外での儀式」になりますが、暑い夏にスーツを着て外での儀式に参加するのは大変ですよね。

きちんとした儀式だとスーツを着ないといけないイメージがありますが、実は個人が住宅を建てるときの地鎮祭は、施主さんはカジュアルな服装で問題ありません。

個人住宅を建てるときの地鎮祭の服装
  • 施主さんはスーツを着なくてもいい
  • 施主さんはカジュアルな服装で問題ない

特に、夏場の地鎮祭であれば涼しい服装でかまいません。なぜなら、夏場に無理にきちんとした服装をすると体調を崩してしまうことがあるからです。

ハウスメーカーや工務店の人は夏でもスーツを着ることが多いです。

地鎮祭の正しい服装はスーツがマナー

一般的に個人で住宅を建てるときの地鎮祭は、施主さんはカジュアルな服装で問題ありませんが、正しいマナーとしては「きちんとした服装をしなければいけない」とされています。

なので、地鎮祭のときの基本的な服装は

  • 男性はスーツ
  • 女性はスーツやワンピース

このように、スーツやワンピースを着るのが地鎮祭の正しいマナーなので、ハウスメーカーや工務店の人はスーツで参加することがほとんどです。

夏の地鎮祭の服装はTシャツやジーパンでも大丈夫?

地鎮祭の服装は、施主さんは「Tシャツ」や「ジーパン」で地鎮祭に出ても大丈夫です。

夏場であれば、「Tシャツ」と「ハーフパンツ」の組みあわせでも問題ないとは言われていますが、夏場だからといって、あまりにカジュアルすぎる服装はおすすめできません。

  • Tシャツよりは「カジュアルシャツ」や「ポロシャツ」を着る
  • ジーパンよりは「チノパン」や「スラックス」を履く

このように、ラフになりすぎない服装をするように心がけてみてください。

地鎮祭が夏のときの男性と女性の服装

夏の地鎮祭におすすめの服装を紹介します。

夏の地鎮祭でのおすすめの服装
  • 男性は「半袖のシャツ」に「スラックス」を合わせるのがおすすめ
  • 女性は「半袖のシャツ」に「スカート」または「パンツ」を合わせるのがおすすめ

とはいえ、夏の地鎮祭は暑いので、無理にきちんとした服装をすると体調を崩してしまうこともあります。

なので、暑さで体調を崩すくらいなら、Tシャツやハーフパンツを着るという選択肢もありです。

夏の地鎮祭の服装は、暑さ対策をしっかりすることがポイントです。

地鎮祭が冬のときの男性と女性の服装

冬の地鎮祭はかなり寒いので、男性も女性もコートは必要です。

特に寒い日はマフラーや手袋をつけていてもかまいませんが、神さまに玉串料を納めるときにははずすようにしましょう。

冬の地鎮祭でのおすすめの服装
  • 男性は「落ちついた色のコート」を着る
  • 女性は「トレンチコート」や「ダウンコート」を着る
冬の地鎮祭の服装は、寒さ対策をしっかりすることがポイントです。

地鎮祭が春秋のときの男性と女性の服装

春秋の地鎮祭におすすめの服装をご紹介します。

春秋の地鎮祭でのおすすめの服装
  • 男性は「無地のジャケット」または「ポロシャツ」を着るのがおすすめ
  • 女性は「ジャケット」に「スカート」や「パンツ」を合わせるのがおすすめ

地鎮祭の服装の注意点3つ

個人住宅を建てるときの地鎮祭は、施主さんはカジュアルな服装で問題ありませんが、注意点を3つ紹介します。

地鎮祭での服装の3つの注意点
  1. 派手な服装はさける
  2. 清潔感がある服装をする
  3. サンダルやぞうりをさける

いくらカジュアルな服装で問題ないとはいっても、地鎮祭は神さまに工事の無事を祈るきちんとした儀式です。

派手すぎたり清潔感のないだらしない服装はさけるようにしてください。

まとめ

地鎮祭はスーツを着ないといけないイメージが強いですが、個人で住宅を建てるとき施主さんはカジュアルな服装でかまいません。

しかし、地鎮祭はきちんとした儀式なので、あまりに派手すぎたり清潔感のない服装はさけた方がいいです。

暑い夏に無理をしてスーツを着る必要はありませんが、ラフになりすぎない服装を意識してみてください。

また、夫婦の間で服装のバランスを取ることも意識してみるといいでしょう。